皮膚病・赤い・かゆい・脱毛

皮膚病を起こす原因は、簡単に分類すると①細菌・カビ(真菌)・寄生虫などの感染によるトラブル、②アレルギーによるトラブル、③ホルモンバランスによるトラブル、④その他の原因に分けられます。

今回は③ホルモンバランス(甲状腺機能低下症)によるトラブルについて書きたいと思います。

このワンちゃんは、皮膚をとても痒がり、脱毛や赤みもあるために他院に通われていました。そこでは、痒み止めが処方されていましたが、改善が認められないために当院を受診しました。

s内服0日

皮膚検査ではマラセチアというカビ(真菌)が多く認められたために、この

カビに対する治療を行いました。その結果、痒みや赤みも改善しました。
また、甲状腺機能低下症というホルモンの病気であることも血液検査の結果判明したので内服でホルモン療法も行いました。
その結果、全身の毛が生えてきました。s内服28日このように、『皮膚の赤み・かゆみ・脱毛』がなかなか治らない場合には、検査を行って原因を特定して、原因に合わせた治療を行うことがとても重要です。
皮膚病がなかなか治らない場合には、病院を受診してしっかり検査を受けることをお勧めします。
細菌性皮膚炎(膿皮症)について詳しくはこちら

真菌(マラセチア)性皮膚炎について詳しくはこちら

寄生虫(ニキビダニ)感染による皮膚病について詳しくはこちら

アレルギー性皮膚炎について詳しくはこちら

 

皮膚病について詳しくはこちら

投稿者:

うめぞの動物病院

茨城県つくば市の うめぞの動物病院です。土浦市、阿見町、牛久市から多数ご来院いただいております。夜間救急診療も可能な限りで対応しております。